韓国民族ハンギョレが受け継いできた伝統の味

ハンウル、それは韓国語で「宇宙の本体」「天」を意味します。 数百年に渡って韓国家庭の食卓に並べられてきたキムチは長い間に種々の改良を加えられ、健康に優れた食品として現在も愛されています。ハンギョレ(韓国語で一つの民族という意味)が受け継いできた伝統の味を皆様の食卓にお届けします。



韓国産キムチの特長

乳酸菌発酵食品
韓国産キムチの薬味には魚介類の入った魚醤も使用します。この魚醤には乳酸菌が含まれています。
歯応えのある素材
韓国産の白菜は日本産と比べて水分が少ないので、独特のシャキシャキ感があり、歯応えが違います。
唐辛子パワー
キムチの中に入っている唐辛子には「カプサイシン」という成分が含まれ、脂肪を燃焼させるのを助ける効果があるので、ダイエット中の方にもおすすめです。そして唐辛子には塩味を引き立たせる効果がありますので、他の漬物と違い塩分量は少なくて済みます。また、動物性タンパク質の酸化を防ぎ、腐りにくくする働きももっています。